彩玉建装株式会社。ロゴ。まごころペイント

外壁塗装とは?必要性とタイミング

外壁塗装とは、そのものズバリ、住宅の外壁を塗装することです。外壁塗装は、塗料にもよりますが、新築から概ね10年、前回の塗り替えから10年を目安に行います。塗装は外壁を守るだけではなく、建物全体を守る役割を果たしているので、定期的に塗り替えてメンテナンスを行うことが重要です。

外壁塗装とは?外壁塗装は、住宅の美観を保っているだけではなく、実は家自体を守る役割を果たしています。外壁材は、塗装されていなければすぐに傷んでしまいます。傷んだ外壁からは雨水が建材内部に入り込みやすくなり、その水分は湿気として内部にとどまり、カビやシロアリなどの発生リスクを助長します。さらにその傷んだ状態を放置すると、雨漏りなど、住宅の致命的欠陥につながりかねません。

そのため、外壁塗装は、定期的に塗り替えて、経年により失われた機能を取り戻してあげる必要があります。このように外壁を定期的にメンテナンスしておけば、住宅は守られ、そこに住む人も安心して暮らせるというわけです。

外壁塗装の必要性

今、触れたとおり、外壁塗装というものは「必要性」などという言葉を使うまでもなく、絶対に必要です。なぜなら、住宅を守っているとても重要な機能をメンテナンスしないということは、住宅を捨ててしまうような行為だからです。

もちろん、すぐに家を売却する場合や、将来的に家を売却する予定にしている方もいらっしゃるでしょう。このような場合は「塗り替えをしない」、もしくは「グレードの低い塗料で塗り替える」という選択肢もあるかもしれません。

しかし、現在、住んでいる家に、これからも長い間住み続けるという場合は「必要性」などと言う言葉は不要です。必ず、定期的に外壁は塗り替えてください。それが家と、そこに住む人々を守ることにつながります。

外壁塗装の役割

外壁塗装が果たしている役割についてまとめてみました。

【住宅を守る】

外壁塗装が傷むと、外壁材も劣化していきます。外壁材が劣化すれば、そこから下地にまで水分が入り込んでしまうため、家自体の劣化が進行してしまいます。そのため、塗装を定期的に塗り替えて住宅を保護しましょう。

【防水、親水効果】

外壁塗装の塗膜がしっかり機能している状態なら、雨が降ったときでも、雨水をしっかり流し、外壁に滞留させません。塗膜が劣化すると、うまく雨水を流せなくなり、外壁に水分が残りやすくなるので、カビやコケが発生しやすくなります。

【美観を保つ】

外壁塗装には、もちろん美観を保つという役割もあります。前回の塗装から10年以上経ち、汚れが目立つ外壁でも、高圧洗浄によりしっかり汚れや塗料を取り除き、新たな塗装を施すことで美しさを取り戻せます。

外壁塗装の塗り替えのタイミング

外壁塗装の塗り替えのタイミングは、前回、使用された塗料の耐用年数を考慮して決めます。
塗料には、その種類ごとに大まかな耐用年数が決められており、たとえば、最も一般的なシリコン系塗料の場合は10~15年程度です。そのため、だいたいこのぐらいの周期で外壁の塗り替えを行えば理想的なのですが、実際は建物の構造にも塗り替えのタイミングは影響されます。外壁の塗り替えを考える際は、古い建物の場合は特に、建物の状態を専門家に診断してもらい、適切な方法でメンテナンスしたほうがいいでしょう。

外壁用塗料の耐用年数の目安は、以下のとおりです。

塗料の種類 耐用年数目安
アクリル塗料 4~7年
ウレタン塗料 7~10年
シリコン塗料 10~15年
ラジカル塗料 12~16年
フッ素塗料 15~20年
無機塗料 15~25年

外壁の劣化は放置しない

外壁塗装が劣化すると、さまざまな症状が見えてきます。なかには、早急に対応する必要のない劣化症状もありますが、劣化が見つかったらなるべく早く対応することで、大きなダメージに発展することを防げます。以下に、代表的な外壁の劣化症状についてまとめました。

【汚れ】

汚れ程度なら、早急に対応する必要はありません。どうしても気になるようなら、業者に依頼して洗浄してもらうとよいでしょう。

【サビ】

金属の外壁ではなくても、明らかに外壁がサビ色になってしまうことがあります。これは「もらいサビ」という現象で、サッシや雨樋の金具などに発生したサビが流れて外壁を汚してしまっているだけです。すぐに問題に発展することはないと考えられますが、汚れが気になるようなら、業者に依頼して洗浄してもらいましょう。

【ヘアークラック】

幅が0.3mm、深さが4mm以下のひび割れのことをヘアークラックと呼びます。この程度のひび割れなら、早急に対応する必要はありませんが、経過は観察しましょう。

【チョーキング現象】

外壁に触れると、指に白い粉状の物質が付着することがあります。これは、チョーキング現象と呼ばれる塗装の劣化症状です。長年、紫外線にさらされた塗料の顔料が傷み、粉状になって外壁に現れます。チョーキング現象が見られたら、外壁の塗り替えを検討しましょう。

【色あせ】

外壁塗装が色あせて見えてきたら、塗膜が劣化している証拠です。塗膜が劣化すると、防水性や親水性が失われ、水分が外壁材の内部にまで浸透してしまう可能性があるので、業者にチェックしてもらったほうがよいでしょう

【クラック】

先ほどのヘアークラックよりも規模の大きいクラックが外壁に発生している場合は、早急にメンテナンスする必要があります。場合によっては、塗装だけでは修復できないこともあるので、専門の業者に診断してもらいましょう。

【塗膜のはがれ、浮き】

塗膜がはがれたり、浮いてしまったりしている場合も、塗膜が劣化して本来の役割を果たせない状態になっている証拠です。ただ、塗膜のはがれや浮きは、経年劣化ではなく、施工不良で起こることもあります。前回の塗装から、耐用年数を考慮してもあまりにも早く劣化症状が現れた場合は、施工不良を疑いましょう。

【カビ、コケ】

カビやコケが外壁に生えてしまった場合、塗装の排水性能が落ちている可能性があります。業者にチェックしてもらい、どんなメンテナンスをすればよいか判断してもらうといいでしょう。

【シーリングの割れやはがれ】

サイディング外壁などの目地に打たれているシーリングに割れやはがれが見られるようなら、メンテナンスを検討する必要があります。シーリングの傷みを放置していると、水分が内部に侵入してしまい、重大な損傷につながりかねません。

外壁塗装は常に劣化が進行

外壁は、常に風雨や紫外線にさらされているため、新しく塗り替えた塗装でも、その直後から劣化が始まります。そのため、塗料の寿命が近づいてきたら、たとえ目に見えるようなダメージがなくても、業者に依頼して外壁を点検してもらいましょう。メンテナンスの方法は、その結果をふまえて、業者に判断してもらうのがおすすめです。
信頼のおける塗装業者なら、塗り替えの際も、建物の立地やコンディションなども考慮して、いくつかの塗料を推薦してくれるはずです。高い機能性をもつ塗料は、その分、価格も高価ですが、メンテナンス周期が長くなるので、長い目で見るとコストを抑えることができます。

まとめ

外壁塗装について、塗り替えのタイミングも含めて解説しました。家を美しく見せることだけが外壁塗装の役割ではありません。外壁塗装は、外壁材だけではなく、家全体を守る役割を果たしています。塗装を定期的に塗り替えることで、末永く安心して住める家にしましょう。


■記事執筆者

彩玉建装株式会社
代表者 須藤 恵佑

■施工実績(去年)

・戸建て 60棟
・アパート 10棟
・マンション 3棟

■関連資格

・雨漏り診断士
・外壁診断士
・1級塗装技能士など
・1級建築施工管理技士(挑戦中)

■塗装業界

18年間

■コラムを発信する理由

「家が痛んできたな」「そろそろ外壁塗装をしなきゃ」と考えたときにまず悩むのが「どこにお願いするか」ということではないでしょうか?
・塗装専門店・見積りサイト・ホームセンター・住宅メーカー(工務店)・野立て看板など…
情報の多さに気後れしまう方が少なくありません。
そして、この業界には定価や相場が存在しません。見積金額や施工業者の良し悪しなどについては驚くほど様々です。
外壁を塗る塗料については「半製品」です。職人が手作りで工事を進め「完成品」となります。私は何より施工店の質が重要だと考えております。
私はこの不透明な業界で従事する者ですが、より正確な情報を発信出来ればと存じております。また限りあるお金を意味のある塗装工事に使って欲しいという思いです。

■施工エリア

<埼玉県>
杉戸町、宮代町、春日部市、越谷市、吉川市、さいたま市、幸手市、久喜市、加須市、白岡市、蓮田市、鴻巣市、羽生市、上尾市、桶川市、北本市
<茨城県>
境町、五霞町、古河市、坂東市、常総市、守谷市
<千葉県>
野田市、柏市

外壁塗装とは?必要性とタイミング
その他のコラム

外壁塗装で業者選びに失敗しないためのポイント

外壁塗装工事の価格相場 見積もり時のチェックポイント

外壁塗装をするメリット、デメリット

contact

なんでもお気軽に
お問い合わせください!

「家の壁が傷んできたかも…」「店の屋根を塗り直したいな..」 などなど、
些細なことでも気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

【ご提供頂いた個人情報の取り扱いについて】
彩玉建装株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

お客さまの同意がある場合
お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
法令に基づき開示することが必要である場合

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の漏洩等の防止その他安全管理のために必要な措置を講じます。あわせて、従業者・委託先に対し必要かつ適切な監督を行います。

ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

トップへ戻る